×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カービューの事故車買取の特徴

事故車・不動車専門の買取業者で一括見積もりできる『カービューの事故車買取』!

・複数の業者で一括見積もり!

・事故車には価値があるケースがあります!

●【無料】事故車買取査定はこちらから → 事故車も売れる。査定価格を比較してから、売却検討!


事故車・不動車を高く売るコツ!
一般のクルマ屋さんや整備工場などで事故車や不動車を処分する場合、処分費用や手数料を取られることが多いです。しかし、事故車専門業者で買取査定すると価値があるケースがあります。

一般的に事故車の買取査定をする大手は、カービューとガリバーです。ここで高値で売る場合、複数の業者で一括見積もりをするのがコツです。ガリバーは、ガリバーが買取ることになりますが、カービューの場合、専門業者に見積もりさせるため、ベストプライスが出ることがあります。個人的な経験でもカービューのほうが事故車買取の査定額が高いように思っています。やはり複数行者に一括見積もりさせるので高値が出やすいかもしれませんね!

管理人の廃車処分(事故車)の体験談!

はっきり言って大変(面倒)でした!
昔は、時間の余裕がありましたので、事故車を廃車処分するのを自分で手続きをしたことがあります。当時は、お金が無かったこともありますが、事故車買取査定のようなサービスが無かったことが一番の理由です。実際にスクーターで陸事に行って、書類を書いたりして手続きをしたわけです。

陸事の手続きは、面倒でもすんなりとできます。しかし、一番の問題は、車の処分だったわけです。すでに事故車(走行不能車)でしたので、どこで処分するか、悩むわけです。実際には、解体屋に持っていくわけですが、事故車を牽引して持っていきました。でも当時の解体屋って閉鎖的なところもあって、常連さんでないお客の持込は、料金を吹っかけてくる傾向がありました。

また馴染みの車屋さんで車を処分する場合、手続きを自分でしても。結局は10万円以上の処分費用を請求されたりします。それを考えると、今の廃車処分は、簡単になったなと思います。多くの場合、ローダー引取で、しかも面倒な手続き(廃車手続き)などは、全て代行してくれますから!また、車の残債(ローン)が残っている場合も処分できたりしますからね!昔は、一度全部ローンを完済しないと処分できなかった気がします。

自分で車の廃車・処分をするなら最低10万円はかかるかも!
過去の経験では、10万円以上かかると思っています。特に車を解体屋まで牽引していく方法がないと、レッカー代なども追加で発生します。買取査定額は別にして、可動車を売却する方が簡単ですから!

当時は、お金が無かったのと時間だけはありましたので、全て自分で廃車手続きをしましたが、今なら絶対にやりません!特に解体屋は、常連でないと料金を吹っかけてくるので、困ります。10万以上は、いきましたからね・・・馴染みの車屋さんでも手続き抜きで、自動車の処分は10万以上でしたから!

個人的には、事故車などの不動車を処分する場合、手数料で数万円程度払っても『御の字』だと思っています。

事故車・不動車にも価値がある!(鉄くずとしてのですが・・・)
最近は、事故車の買取査定でも高額な査定額が出るケースがあるようですね。確かに外車や高級車なら、ありえると思っています。ただ高年式車や草むらで錆だらけの不動車などは、価値はないと思うのですが・・・

事故車の買取査定を利用する場合、査定額については、あまり期待しない方がいいかもしれません。『お金になればラッキー』程度に考えていた方が喜びもありますから!

『永久抹消登録』と『一時抹消登録』!

自動車の廃車には、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。はじめに、この2つの廃車方法の違いについて紹介します!

永久抹消登録
2度とその車に乗らない(使わない)ようにする廃車方法!例えば、事故車を廃車・処分をするなた、この永久抹消登録になります。なお永久抹消登録は、別名『15条抹消』とも呼ばれます。これは、道路運送車両法(第15条)に定められているためです。

一時抹消登録
車の使用を一時的に中止する廃車方法!永久抹消登録をすれば、自動車税や自賠責保険などを払う必要がありません。例えば、海外出張で長期間乗らない場合などに便利な廃車方法です。再度車に乗る場合、中古車新規登録申請をおこなえば大丈夫です。別名『16条抹消』とも呼ばれる廃車方法です。


次に自分で自動車を廃車する場合に必要になる書類について紹介します。

永久抹消登録に必要な書類!

1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)ナンバープレート(前後2枚)
3)実印+印鑑証明書(1通、発行後3ヶ月以内)(本人以外が手続きをする場合は委任状も!)
4)自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
5)解体業屋から通知された『解体に係る移動報告番号』と『解体報告記録日』
6)廃車申請書(OCRシート3号書式の3、陸運事務所・軽自動車検査協会で購入)
7)振込先情報(銀行名・支店番号・口座番号)※保険・税金の還付が受けれる場合

●ポイント
廃車手続き(廃車書類を提出する場所)は、普通自動車なら登録自動車のナンバープレート、または住民票がある陸運事務所(陸運局)になります。なお軽自動車は、軽自動車検査協会で手続きします。

一時抹消登録に必要な書類!

1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)ナンバープレート(前後2枚)
3)実印+印鑑証明書(1通、発行後3ヶ月以内)(本人以外が手続きをする場合は委任状も!)
4)自動車リサイクル券(使用済自動車引取証明書)
5)解体業屋から通知された『解体に係る移動報告番号』と『解体報告記録日』
6)廃車申請書(OCRシート3号書式の3、陸運事務所・軽自動車検査協会で購入)
7)振込先情報(銀行名・支店番号・口座番号)※保険・税金の還付が受けれる場合
8)手数料納付書(一時抹消登録の申請手数料は、350円です。)
9)自動車税申告書

●ポイント
廃車手続き(廃車書類を提出する場所)は、普通自動車なら登録自動車のナンバープレート、または住民票がある陸運事務所(陸運局)になります。なお軽自動車は、軽自動車検査協会で手続きします。


リサイクル券(預託証明書)を紛失した場合!

基本的にリサイクル券を紛失すると、再発行はできません。そのため預託証明書が必要な場合、『自動車リサイクル料金の預託状況』が証明代わりとなります。『自動車ユーザー向け/リサイクル料金検索(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)』から検索して印刷してください。


事故車買取査定~愛車を高く売る方法!